講座詳細

定期講座藤原直哉の最新世界経済予測 2017年11月

警戒感が非常に強い市場!これからは陸の時代に日本はどう貢献する!?この先どうなるか、先を見越す習慣を身につける11月にしましょう!

<どこに飛び火するかわからない中東戦争、流動的な中東>

 ・レバノンとイランと戦争状態!
  サウジアラビア皇太子の宣言
 ・イスラエルを倒したいアラブ人の後ろにつく○○○
 ・大粛清が始まっているサウジアラビア国内
 ・中東情勢を動かす力を持たないアメリカ
 ・サウジアラビアとイスラエルに睨みをきかせて構える○○○とイラン
 ・シリア、イラクにおけるISIS退治終了の次は!?

<ロシアとアメリカの首脳会談後にまとまる北朝鮮!?>

 ・ものの言い方が変わってきたトランプ大統領
 ・戦争なしとはっきり固まった韓国と中国
 ・北朝鮮を世界が今後どのように受け入れていくのか
 ・在韓米軍、在日米軍、グアムの行方と日本にとっての変化

 

<後先なし、見境のない、異様な株高ドル高>

 ・ごくごく一部の大型銘柄だけの吊り上げの結果
 ・内閣延命と株高上げの裏側にある○○
 ・北朝鮮の戦争=ドル○
 ・ドル高の一番の要因は、戦争のことよりも○○○
 ・この3年で5倍のアメリカ短期金利

<将来不景気になる予兆の長期金利・超長期金利下げ>

 ・株暴落の局面、大暴落のリスクとは
 ・ドル借金が多い会社のリスクとは
     ・FRB議長の人事とトランプ大統領
 ・アメリカに引き付けられるヨーロッパ、中国、日本
 ・不透明の中での1年間の利益計算締め11月の欧米金融機関

<先の展望開けず静まり返っている与党>

 ・外交的に完全孤立状態の日本政府
 ・戦争屋べったりの頭での政治運営の行く末
 ・株の暴落から始まった1929年(昭和4年)、1990年(平成2年)と違う今回の株暴落
 ・中央銀行の実質○○

進化が問われる時代だからこそ、大きな世の中の流れがつかめる!
時間を無駄にせず、しっかりと見極めて前向きに考え行動できる!

 

世界と日本で今何が起きているのか、これからどうなっていくのか金融・経済・政治・経営などの切り口から、経済アナリストの藤原直哉先生が毎月1回わかりやすく丁寧に、時事解説・時局分析します。

ダイジェスト動画

講座詳細

配信について 毎月中旬更新
教材構成 動画教材:収録時間 約15分
主な学習項目
  • 世界情勢から経済の行方を予測する
  • アジア、ヨーロッパ、アメリカの動向
  • 世界金融における大きな動き
  • 日本国内の政治と経済の行方
  • これからの対策と心構え
必須前提知識 なし
担当講師

藤原 直哉(ふじわら なおや) 先生

経済アナリスト 株式会社あえるば 取締役会長
特定非営利活動法人日本再生プログラム推進フォーラム 理事長
独立系シンクタンクとして「経済」「政治」「国際情勢」「組織のリーダーシップ」に関する独自の分析を行っているほか、小田原市および長野県南信濃遠山郷に拠点を構え、ロハス体験学校の主催、コンサルティング、社内教育、講演、執筆活動を行っている。
また、藤原直哉が執筆する「ワールドレポート」を毎週発行。その他、社会人学校「藤原学校」を東京で月2回開催し、全国各地で「藤原塾」も開催している。
さらにNHKラジオ第一放送の「ビジネス展望」、山口放送ラジオの「情報ダブルクリック」にレギュラー出演、NHK文化センター青山教室では「世界の中の日本経済」というタイトルで時局分析を行っている。
このほか以下の職責を兼務している。
・渋谷ソーホーバレーコモンズ(SVC)推進協議会会長
・有限責任事業組合藤原KAIZEN研究会顧問
・ワシントン大学経営大学院名誉卒業生
・ワシントン大学経営大学院キー・パートナー

株式会社あえるば
URL:http://fujiwara.aeruba.co.jp/

受講する