部下にきちんと伝わる「話す」力~④「気持ち」は言葉で話す~


ログインするとフルムービーでご覧いただけます。
(非ログイン時はダイジェスト再生)

「5分会議」を活用し、 コミュニケーション力を向上させる人財育成家

「こんな当たり前のことも分からないのか・・・」
あなたが部下に感じる不満はどうしたらいいのでしょうか?

「なぜこれぐらいしかできないのか!?」
「なぜこんな当たり前のことが分からないのか!?」

部下の成果にあなたが怒りを感じるのは、部下に期待しているからです。(君ならもっとできるはずだろう!?)という期待が裏切られたから、あなたは怒りの感情を 抱いたのです!

本来、あなたには相手に期待する気持ちがあるのです。
そのことをまず自分で意識することが大切です!

「気持ちは察するもの」では通用しません!
リーダーの気持ちは言葉であらわすからこそ、部下に伝わるのです!

あなたが部下に期待していることを自覚したのであれば、部下には怒りではなく、その期待を伝えましょう。
(仕事だから期待されなくても頑張るのは当たり前だろう・・・)
たとえばそんな風に考えてしまいがちではありませんか?

期待以上に部下に動いてもらうためには、リーダーのあなたがスキルを磨いて実行することが必要ですよ!?

大切なのは、期待は必ず言葉で伝えるということです。

それではどんな風に期待を相手に伝えればいいのでしょうか? 本講座で具体例を学び、ぜひ実践していきましょう!

講座詳細

教材構成
動画教材:収録時間 約15分
主な学習項目
  • リーダー力を磨く
必須知識
特になし
担当講師

#

沖本 るり子(おきもと るりこ)

株式会社CHEERFUL 代表取締役 「5分会議」を活用し、コミュニケーション力を向上させる人財育成家

広島生まれ。江崎グリコ(株)等を経て、管財商社に入社。業務改善・業務改革のプロジェクトマネジメントを行ない、30 代前半で取締役となる。
リーダーとして組織をまとめながら経営に関わる中で、「部下との行き違い」「他部門との衝突」「部下が根づかない」などに頭を悩ませる。
やがて会社は倒産。「つぶれない会社づくりに必要なのは、何よりもまず“ 円滑なコミュニケーション” だ」と痛感し、「聞き手が内容をつかみやすい話し方」「聞き手が行動に移しやすい伝え方」を研究する。

現在では「人財開発育成」をメインに、企業研修や公開セミナーの講師を務めている。
その中のひとつ「『5分会議』を活用して人と組織を育てる」研修では、「必然的にコミュニケーション力やプレゼンテーション力向上の仕掛け」を提唱している。
会議活用術 カンファリストRトレーナー、PHP 研究所認定ビジネスコーチ、日本メンタルヘルス協会基礎心理カウンセラー。

著書に
『リーダーは話を1分以内にまとめなさい』(中経出版)
『出るのが楽しくなる! 会議の鉄則』(マガジンハウス)
『相手が”期待以上”に動いてくれる!リーダーのコミュニケーションの教科書』(同文舘)など。