陽転思考の人間学


ログインするとフルムービーでご覧いただけます。
(非ログイン時はダイジェスト再生)

経営の神様であり人間学の大家でもあった
松下幸之助氏の教えが陽転思考

松下幸之助氏は父が米相場で失敗したために
非常に苦しい家庭で育ちました。

家庭の事情から尋常小学校を4年で中退、
わずか9歳で丁稚奉公にだされました。

また、病気がちで体が弱かったそうです。

つまり、松下幸之助氏は学歴、家族、健康、お金など
すべてがない状態でした。

一般に会社経営を成功するには学歴や健康、元手になるお金が
必要だと思われていますが、実はそうではないのです。

松下幸之助氏はないない尽くしの状態で起業し
松下電器産業を世界的な企業へと成長発展させることができたのです。

ないない尽くしの松下幸之助氏が
どうしてそこまで成功できたのでしょうか!?

そう、そこには陽転思考という強力な思考法があったのです!

自分は運が強いと信じられる人だけが道を切り拓くことができる!

松下幸之助氏がまだ勤め人だったときに荷物を船で運んでいるときに
ふとした拍子に船から落ちてしまいました。

泳ぎが得意ではなかった松下幸之助氏はそのときに死を感じたそうですが
同乗していた同僚がすぐに引き揚げてくれたので九死に一生を得ました。

そのとき、松下幸之助氏はこう考えたそうです。

同僚が気づいてくれたから助かった。
気づいてくれなかったら死んでいた。

季節が夏だったので助かった。
冬であれば凍死して死んでいた。

自分はなんて運がいいんだ、と。

それ以降、社員を採用するときは
かならず「君は運がいいか?」と聞いたそうです。

「運が悪いです」と答えた人はお断りしていたとか。

これはどういうことかと言うと、

「人生は思うようにはいかない。しかし、自分は運が強いと信じられる人だけが
自ら道を切り拓くことができる!」

という考え方があったのです。

そう、それこそが陽転思考なのです。

嫌なこともすべてひっくるめてあるがままに受け入れて
前進していく思考こそが陽転思考!

現在、日本では3万人以上もの人が自殺をしています。

しかし、この数字は自殺とはっきりわかる人が3万人という意味で、
行方不明者などを含めればその3倍以上はいると言われています。

また、自殺するまではいかなくても自殺することと同等以上の苦しみを
抱えながら生活している人も少なくありません。

毎日、前向きで、嫌なこともなく、自分の願っていることがすべて叶っている
という人はほとんどいないでしょう。

むしろ、嫌なことばかり経験する毎日を
過ごしている人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

しかし、その嫌なこともすべてひっくるめてあるがままに受け入れて
前進していく思考、それが陽転思考なのです。

陽転思考を言葉で説明するのは簡単ですが
深く実感できるようになるには鍛錬が必要です。

本講座では松下幸之助氏の教えでもある陽転思考とは何かをわかりやすく解説し
どう実践していくべきかヒントについてお話します。

講座詳細

教材構成
動画教材:収録時間 約40分
必須知識
特になし
担当講師

#

小田 全宏(おだ ぜんこう) 先生

株式会社 ルネッサンス・ユニバーシティ  代表取締役
NPO法人 日本政策フロンティア 理事長
認定NPO法人 富士山世界遺産国民会議 運営委員長
一般社団法人 未来音楽企画 理事長
一般社団法人 アクティブ・ブレイン協会 会長
一般社団法人 ジャパン・スピリット協会 代表理事

1958年、彦根市生まれ。東京大学法学部を卒業後、(財)松下政経塾に入塾。松下幸之助翁指導のもと、一貫して人間教育を研究。
1991年、株式会社ルネッサンス・ユニバーシティを設立。多くの企業で「陽転思考」を中心とした講演と人材教育実践活動を行い好評を博す。
1996年には、リンカーン・フォーラムを設立し、全国で立候補者による<公開討論会>を実現させる。また、京セラの稲盛和夫名誉会長を最高顧問に迎え、NPO法人「日本政策フロンティア」を設立し理事長を務める傍ら、認定NPO法人「富士山世界遺産国民会議」運営委員長として世界遺産登録の実績を残す。
2004年より始めた「アクティブ・ブレインセミナー」は全国で好評開催中。作曲もてがけ、2011年2月、サントリーホール大ホールにて、自作の交響組曲「大和」をオーケストラの演奏で指揮をする。
2019年(令和元年)一般社団法人ジャパン・スピリット協会設立、代表理事となる。日本の「共生(ともゆき)」の心を伝えるために東奔西走中。