儲けるとは何だ? 原点回帰で経営を見直そう!!


ログインするとフルムービーでご覧いただけます。
(非ログイン時はダイジェスト再生)

経営コーチとして実践型エグゼクティブコーチングの第一人者

「儲け」とはお客様からいただくもの! 私たちはお客様から「儲け」をいただくためにどんなことができるのでしょうか!?

たとえば100円のペットボトルを、ある方法で300円で売ることができる。 それもお客様に不満足を与えることなく。 それは「儲け」の原理に忠実に従っているからこそ、可能なことなのです。

「儲け」の原理を理解することで、値段ひとつ付けることですら、こんなにも大きく変わります! それは必然的に利益という結果が大きく変わることです!

私たちはお客様から「儲け」をいただくためにどんなことができるのでしょうか? 本講座でその原理を学び、経営の原点回帰を図りましょう!

資本主義社会では「自由な活動」と「市場原理」が保証されています! 人が喜ぶことをすれば儲かる社会に、私たちは生きているのです!

動物は本能で日々を生きており、私たち人間は頭脳で日々を生きています。 頭脳、すなわち思考こそが、私たちの行動を決定しているのです。

経営に関しても、私たちの思考が経営の是非を決定しています。 ですから、今までよりも更に「儲ける」ためには、これまでの私たちの「思考の枠」を外すことで、「儲け」の原理の応用に気づけるようになるのです!

そもそも働くとはなんなのか? 経営とはなんなのか?

人が喜ぶことをすれば儲かる社会に、私たちは生きているのです! 私たちが「思考の枠」を取り外すことで、さらに「儲ける」ことができるはずです!

「儲ける」とはお客様という相手が存在して初めて可能な行為です! だから必要なのは「貢献」と「コミュニケーション」なのです!

私たちに利益を与えてくれるのはお客様です。 お客様とのコミュニケーションなくして商売は存在しないのです。

ですから「儲け」を多く手に入れるには、お客様とより多くの 「コミュニケーション」を交わし、さらにお客様によりたくさん 喜んでいただける「貢献」を与えることが必要なのです!

本当に人の役に立つこととはどんなことなのでしょう? 私たちが経営でお客様へ与える本質とはいったいなんなのでしょうか?

本講座で経営活動の本質へと原点回帰し、「儲け」の原理を学ぶことで、 さらに大きな利益を生み出す経営をして参りましょう!

講座詳細

教材構成
動画教材:収録時間 約40分
テキスト:27ページ(PDF)
必須知識
特になし
担当講師

#

林 充之(はやし みつゆき)

経営コーチとして実践型エグゼクティブコーチングの第一人者

株式会社ワイエムジー 代表取締役

経営コーチ
一般社団法人 日本経営コーチ協会専務理事。 指導実績1000件以上。中小企業を中心とした経営者の懐刀として、経営者の持つ悩みをその源から探求し解決に向けたアプローチを展開する。 会社は経営者の一人ひとりの器を拡げてこそ発展していく。 そこで、経営者のPDCAサイクルを実現するエグゼクティブコーチングを提供している。